www.kaelagardner.com
特定調停も任意整理による処理とほぼ同じくおのおのの貸方に支払いを継続することを選ぶ債務を整理する形です。他の表現でいうなら裁判所における任意整理といえるでしょう。この方法も任意整理による方法と同じく破産とは異なって一部のお金だけを整理することが可能ですので、他に保証人が付いている借入以外について手続きしていく場合や自動車ローン以外で整理をしたい場合なども申請することも可能ですし資産を放棄することは必要とされていないので、不動産などの自分名義の財産を持っていて、放棄したくない場合にも選択肢になる債務整理の手順となっています。いっぽう、手順を踏んでからの返済金額と実際に可能な所得額をかんがみて、だいたい返済が見通せるようであれば特定調停による処理を進めるほうが良いといえますが、破産申告と異なり返済義務がなくなるということではありませんので、負債の額が巨額なような場合は実際的には選択をするのは困難だということになります。また、司法機関が間に入るため弁護士などのプロに関わってもらわなくても不利になってしまう心配はないということや、解決のためのコストをおさえられるというポイントはあるのですが貸方からのわずらわしい取り立てに対し自ら対処しなくてはいけないことや、実際に裁判所に何回か行くことが求められるなどといった注意点もあります。それから、任意整理による処理との比較になりますが、調停にて同意に達しない場合は年利を全部付けた額で振り込んでいかないといけないといったことや結果としては貸し手に対し払う額が任意整理による解決の場合と比べて高くなってしまう傾向があるなどといった点もあります。