www.kaelagardner.com
日刊紙のチラシ、スポーツ新聞、街中にあるビラやダイレクトメールで、「債務の整理手伝います」「債務をひとつにしませんか」という売り文句を目にすることがありますよね。そのようなものは、「整頓業者」「買取業者」「紹介人」という名の会社の広告の場合があったりします。そのようなものを使ったときには破産申立手続きの中で一番大切な免責許諾を受けられない可能性がありえます。「整頓人」の場合は、広告などで負債者を集め相当な費用を受けて負債整頓をしますけれど、負債整頓は行われないで、負債人はさらに債務地獄にはまることがすべてと思われます。「買取専門人」は、債務者の分割払いで電気製品、旅行の券などを購入させて、債務者からそういった商品を値段の3割〜半分で買い上げるという手段です。負債人はそのときはキャッシュが手に入れられますが、必ずカード業者から購入品の完全な請求がきて、結局は債務を悪化させる結末になります。この場合はカード業者に対する詐欺行為として免責を手に入れられません。「紹介業者」というのは、大手貸金業者から断られる負債者に関してダイレクトな融資は全然せずに、貸出をする違う貸し手を教え、高額な料金を受け取る業種です。紹介屋は専門的な手続きで融資してもらえたかにしゃべりますが実際は何もしていなくてシンプルに規程の甘い店を教えているだけなのです。このケースだと結局のところ負債額を拡大させる結果となります。